杉並区にあるリフォーム会社について知ろう

  • 練馬区のリフォームに役立つ情報です

    • 唱和30年代から40年代にかけて、大きく発展した練馬区ですが、ここでも高齢化が進んでいます。

      時間の経過は、人間の高齢化だけでなく、昭和の時代に建てた家も高齢化、いや、老朽化が進みました。
      その家に居住している人々も、その当時の家の構造に多少不便を感じ始めています。



      玄関や室内のわずかな段差に、足を取られて転倒したり、バスタブの端に足を引っかけて、風呂場で転んだり、階段から落下する事故が起きる可能性は高まります。


      一旦は、家を出て行った子供たちが、家族を連れて同居することも考えられます。
      そんな時こそ、家屋のリフォームを考えましょう。
      さらには、近い将来、いや、一年後、二年後に起きても不思議でない、首都圏を襲う大地震の発生にも備えなければなりません。



      東京湾から離れた練馬区といえど、津波被害は避けられても、地震による強力な上下や左右の振動で、家屋倒壊の怖れはあります。

      倒壊した家屋から自力で脱出するのは極めて困難です。

      倒壊した家屋は出火の可能性が増し、地震時の火災の消火は、消防署でも極めて困難になると言っています。



      いっぽう、備えあれば憂いなしで、阪神淡路大震災の時も、そして、数千年に1回、起きるかどうかといわれた、東日本大震災の時でも、大地震の激震に耐えて倒壊しなかった家屋があります。

      老朽化した建物をリフォームすることで、そのような難題を乗り切ることはできます。
      安心と安全のために、練馬区の家屋もリフォームがお勧めです。